金利を考える | 銀行と消費者金融のカードローン、おすすめなのはどっち!?
財布にいっぱいのお札

金利を考える

カードローンを利用するにあたり、融資までの時間以外に最も気になるのが金利ではないでしょうか。銀行と消費者金融を比較してみますと、銀行カードローンの上限金利は概ね14.5%、消費者金融の上限金利については18.0%付近が相場なっており、銀行の上限金利は消費者金融よりも低い場合が多く、銀行での利用の方が消費者金融よりも低金利で借り入れできる可能性が高いといえます。ただし、消費者金融におきましては30日間など一定期間を無利息といった、初めて利用する方を対象としたお得なサービスを展開している機関もあります。金利だけを見た場合に無利息に勝る低金利は他にはありませんので、一概に銀行のカードローンが優れているとはいえません。なお、金利を比較するときのポイントとしては、あくまで最高金利に着目しておく事をおすすめします。一般的には金利の設定は限度額が高額になればなるほど、低金利が適用されるといわれています。しかしながら、初めての利用におきましては、数百万円の限度額が設定されることは非常に少なく、その為に最高金利あるいはそれに近い利率を適用される事が多いからです。さらには、利息を節約するうえでも低金利は魅力に感じるかもしれませんが、それ以外に返済期間についても考えなければいけません。同じ金額を同じ利率で借りたとしても、返済期間が長くなればそれだけ多くの利息を支払わなければならないからです。この様に、カードローンの金利は、低金利が特徴でもある個人融資と比較すればどうしても高くなりがちですが、しっかりと返済までの計画を練る事で本当の意味での賢い利息との付き合いを行えるといえます。