考え込んでいる男性

銀行と消費者金融

銀行が展開しているカードローンと消費者金融等が展開しているカードローンについては、幾つかの異なる点が存在します。基本的にはどちらもサービスとしてはお金を借りると言う点においては同じです。両者を比較した場合に最も大きな違いとなるのが、借入限度額いわゆる総量規制の対象になるのかという事です。総量規制とは、貸金業者は申込者に対して年収の1/3以上の融資をしてはならない、といった貸金業法による規制があります。この法律が適用される場合においては、融資額はどんなに多く借りようとしても年収の1/3以内と決められてしまいます。ただしこの規制は、貸金業者に対する法律となっている為に、銀行には適応されません。つまりは銀行のカードローンは総量規制の対象とはなりませんので、ある程度高額融資を望む場合には銀行を利用た方がおすすめとなります。一方で、少額や迅速融資、さらには申込み便利さからいえば消費者金融等の方がおすすめといえます。また、このサービスがおすすめな理由のひとつに、限度額内であればいくらでも返済と借入が出来るといった点です。個人融資の場合に関してはいえば、一度返済をした後にもう一度お金が必要になってしまった場合には再び審査を通す必要があります。その為に、お金が必要になるたびに審査を通すといった手間が掛かり、それだけ時間も必要になってしまいます。そういった意味でも、面倒な手間やこまめに借入が可能なカードローンはおすすめといえるのです。

急な出費に対応できる

カードローンを利用するうえで一番のメリットといえるのは、まとまったお金を用意することができるところにあります。何らかの事情があってお金に困ってしまったという時、非常に役に立つのです。

金利を考える

カードローンを利用する場合、やはり気になるのは金利ですよね。融資までのスピードも非常に重要ですが、カードローンも借金のひとつなので、やはり返済するときの金額などの面でも「金利」が非常に重要になってきます。